MENU
新卒採用エントリー 中途採用エントリー

インタビュー

INTERVIEW
RIO
YAMAMOTO
自分をアップデートし続ける。
東神奈川エリア ディレクター
山本 莉央
  • 2019年新卒入社(取材:2021年1月)
  • 趣味:旅行
  • 座右の銘:全部やってたしかめる
他の会社とは違った魅力。
最初に、山本さんが行っていた「就職活動」と「リプライスの第一印象」を知りたいです!

私は、大学時代にメディアプロデュース学部に所属をしていたので、どことなく「メディア関係の仕事がいいな」と思っていたものの、それだけでなく「自分が本気で取り組めることを見つけたい」という想いがありました。そのため、最初は業界などは特に絞らず、興味が湧いた企業は積極的に見に行っていましたね。その中でも、私の就職活動の軸として、「若いころからバリバリ働ける環境」は強く見ていました。自分の叔母がいわゆる“バリキャリ”だったので、性別関係なく力をつけて、どんどんできることの幅を広げていく姿に小さな頃から憧れを抱いていたんだと思います。こうした軸があったので、採用イベントでリプライスの企業プレゼンを聞いたときは、“若いころから任される裁量権の大きさ”に「めちゃくちゃおもしろそう!」とビビッときたのを覚えています!

そこからリプライスの選考を受けてみて、実際どうでしたか?

リプライスの選考は、率直にワクワクしました!私自身、自分で決めたことに後悔はしたくなかったので、より具体的に自分の働いている姿がイメージできるよう、たくさんの社員さんと面談をさせてもらいました。その中で、会う社員さん全員が魅力的で、とてもキラキラして見えたんですよね。中でも印象だったのは、自分とそこまで年齢も変わらない方々が「枠に縛られず、自ら考えて行動しながら自分の力をつけている方が圧倒的に多かったこと」です。自分で正解を導いていく姿がとてもかっこいいと思いましたし、ここなら自分の幅を広げられると思えましたね。そしてそれは、リプライスの「人・組織」への強いこだわりや、そこから生まれる「信頼」があってこそなんだろうなと感じましたね。

やっぱり、自分に合っているなって。
実際、入社してみて何かギャップを感じたことはありましたか?

ギャップ、、本当になかったですね(笑)。まず、自分が提案したことに対して、頭ごなしに否定されたことは今まで一度もありません。年次、役職関係なく、一緒に働く人を信じて、トライをさせてくれる環境がとても充実していると思います。もちろん、何か自分で行動する側として「思考を止めずに考え切ること」だったり「責任をもってやり遂げる」ことは前提ですけどね。ただ、例え、自分がエラーをしてしまっても、そこで前を向くことだったり、新たにトライしたからこそ得られる経験があると思います。そういった経験が働くうえですごく重要なことだと思っているので「考えるプロセス」や「責任感」も楽しんでいます!

いつも前向きな姿勢が本当に素敵ですよね!
そんな山本さんが働くうえで大事にしていることってなんですか?

私が大事にしているのは「満足しないこと」です。リプライスの仕事は、仕入から販売まで一気通貫して行っていくので【仮説立てをしながら、自分で正解を作っていかなければいけないシーン】も多くあります。そのため、もし上手くいったとしても、それが正解だとは限らないですし、必ずしも答えは1つではないと思っています。だからこそ、小さなことで満足しきるのではなく「本当にそれがよかったのか、それまでの行動はどうだったのか」と検証すること、そしてそれを「次に繋げる良いプロセスとして蓄積すること」が一番大事だと思っています。なので、今までのプロセスを横展開できたり、応用できたときに思いっきり自分をほめてあげますね!その時に味わう満足感は特別です!(笑)

「満足しない」かっこいいです!^^
山本さんは、1年目で新人賞を受賞されていると思いますが、その秘訣もぜひ聞きたいです!

秘訣というと難しいですが、自分自身の強みとしているのは「“挑戦”への意識とスピード感」です。今までやったことないことでも恐れずに挑戦することだったり、その最初の1歩は積極的だと思います。自分は「まずやってみて、体に染み込ませながら物事を覚えていくタイプ」だからこそ、先ほど伝えたトライできる環境が自分にはすごく大事ですし、自分にすごく合っているなと思います。あとは、基本的なことかもしれませんが、私自身、すごく負けず嫌いな性格なので「任せてもらったことは絶対にやりきろう!」という気持ちは、1番大事にしていますね。

アップデートし続けること。
2020年から入社2年目に入り、後輩もできたと思いますが、
1年目の時と今で新しい気づきはありましたか?

めちゃくちゃありました!!!後輩ができてから、新しい視点が更に増えたと思います。1年目のときは「チームを持ち上げる存在になる」ということを意識していたので、向上心を持ち、巻き込む力をつけて「どんどん下から突き上げていく存在」という人物像を目指していました。2年目でももちろんこのスタンスは大事にしていますが、1年目の時と圧倒的に違うのは、「自分の成功体験や良かったことを棚卸ししたり、アウトプットする機会」がすごく増えたことです。このアウトプットの難しさをすごく痛感したのですが、逆に「自分の新しい課題」に気づけたんだと思っています。今は1年目社員への育成も任せて頂いているのですが、自分のエリアだけでなく、ブロック単位でも後輩が増えているので、そこへの影響力をどんどんつけていくことが更に大事になるなと思っています。

まさに視座が高まっている状態なんですね!
山本さんの未来の話にはなりますが、今後はどんな姿を目指しているのですか?

入社当時に自分が描いていた人物像は大きく変わっていないので、今後もできることを増やし、どんどん自分の力をつけていきたいと強く思っています。そしてその先に、リプライスという組織全体を見渡し、会社の課題を一緒に考えていけるような存在になりたいと思っていますね。変化進化のスピードがすごく速いこの組織で、今後も「強い会社」を創り続ける一員として、常に最前線に立っていれるように頑張りたいです。

最後に学生に向けてメッセージをお願いします!

就活中は、自分の将来を「どれだけ具体的に考えれるか」が大事だと思うので、表面だけ見るのでなく、働く自分をしっかりとイメージできるくらい考え抜いてほしいです!少なくとも私はそうしていました。私自身も「考える」ことの大切さにリプライスに入って気づきましたし、今後も「考えることを辞めない人」と一緒に働きたいと思っています。思考を止めてしまうと、何もかも決めつけで終わってしまったり、その先の成長も止まってしまうと思うからです。1人1人の考えや提案がダイレクトに響き渡るこの組織で、「思考し続ける」ということは、本当に大切なことです。リプライスは任されることも多いですが、その分、あらゆる人がサポートしてくれる会社です!成長できる環境はそろっているので、あとはこの環境をどう活かすかは自分次第!ぜひ、一緒に働けることを楽しみにしています!

TOP