MENU
新卒採用エントリー 中途採用エントリー

インタビュー

INTERVIEW
POKKI SON
「みんな主人公なんだよ。」
関西四国ブロック長
孫福基
  • 2009年中途入社(取材:2017年4月)
  • 趣味:学年サッカーのコーチ、幼稚園で絵本の読み聞かせ
  • 座右の銘:努力
昨日の正解が今日になったら 通用しないのなんて当たり前。
最初に、どのような経緯でリプライスに入社されたか教えていただきたいです。

もともと大手金融会社の支店長を岐阜でやっていて、15人くらいをマネジメントしていたよ。そんなとき、知り合いからリプライス代表の星山を紹介してもらったのが始まりだね。当時のリプライスは岐阜支店しかなくて、20人くらいで20億の売上高の企業規模だったんだけど、当時の若手経営者の中でも星山のオーラは違ってたね。そんな人から「全国展開を視野に入れているから、一緒にやっていかないか?」と誘ってもらい、この人から色々学びながら新しい挑戦をしてみたいなって思って入社したよ。

そういった経緯だったんですね。実際、入社してみていかがでしたか?

それまで自分の中で大事にしていた「変化が当たり前」って考え方をいっそう加速させてくれたコミュニティだと感じているよ。どんどん拠点も売上も人数も増えていったけど、変化が当たり前だから対応できるし楽しめている。僕自身もそうだし、周囲のメンバーを見ていてもそう感じるね。やっぱり市場は生モノだから、常に変わっていくって前提で準備しておかないとね。リプライスはどんどんフェーズも組織体制も変わってきてるけど、「変化が当たり前」って考え方はこれからも変わらないリプライスの芯だなって思うよ。

主体性ある人材が増えれば、 チームは自然に伸びていく。
前職も現在もマネジメントをされていますが、どんなことを大切にしていますか?

大きく2つあって、1つは自分自身で意思決定して行動する力を養えるように接することだね。僕は子供たちにサッカーを教えたりもしてるんだけど、基本的には子供たちに掛ける声と社内でメンバーにかける声は一緒なんだよ。「今こういう判断をしたと思うんだけど、なんでそうしたの?」とか、「どうすればゴールできるだろうか?」とかね。良い悪いじゃなくて、「どうすればよかったのか」ってことを常に考えながら行動する癖をつけてほしいからそうしてる。

そして、自分が目立つだけでなく、周囲を活かしてチームとして一番良い選択ができるようにしてほしいな。もちろん問いかけるだけで何も教えないってことではないよ。セオリーは教えるけど、場面場面でどうしたらいいかは教えない。常に同じ状況がないのはサッカーでも仕事でも一緒。セオリーはあるけど、意思決定は自分がバトンを持たないと、成果が出たときの自信に繋がらないし、失敗したときに次に活かせないよね。2つ目に大切にしているのは、相手の自尊心を尊重することだね。傾聴は当たり前だし、押し付けるような伝え方をしないように気をつけてるよ。あらゆる意思決定を他人にされるのは、つまらないからね。「なんで◯したの?」って聞くと詰めてる感じがするから、「どうしたら◯できる?」って言い換えるし、細かいところで言えば、人前で伝えるか2人っきりで伝えるかも分けたりしてるよ。

常に相手のことを大切にされているんですね。そう接するようになったのはどうしてですか?

前職のマネジメント経験で苦労したってことがあるかな。動機づけって難しくてさ、どうしたら主体的に動くだろうかって考えるようになったんだよ。

あとは、サッカーのコーチをしていて「上手い人だけが主人公じゃなくて、みんな主人公。パスかシュートかは誰でもなく本人が決めること」って想いが強くなったのもあるかな。相手を動かすって言うとおこがましいんだけど、要は仕事を楽しんでもらいたいんだよ。スポーツと一緒でさ、どんどん上達してくときって楽しいじゃん!自分のプレーをビデオで見直して改善したりさ、足りない知識とか動き方を知るために読書したり話を聞きに行ったりするよね。そうした状況を作りたくて、僕はリスクヘッジをした上で相手の選択の背中を押すようにしてる。良い判断と行動をしたときは必ず「今のイイね!あれ狙ってやったの?それともたまたま?」ってすぐ聞くようにしてて、もし意図してやってたらめちゃ褒めるし、たまたまだったら意図してできるにはどうしたらいいか問いかける。ナイスプレーを繰り返しできるような習慣が身につけば、どんどん上達するからね。実際に、あるメンバーが主体的に取引先と強いパイプを結ぶ動きをしたときは嬉しかったね!彼はそれを意図してできてたし、繰り返しチャレンジできるから周囲の刺激にもなってる。彼らから5年後10年後に「あの人がいて良かったな」って言われる存在の1人にならなアカンって思ってるよ。こうして一緒に働けているのも、何かの縁だと思うからね。

学ぶことを忘れてしまったら、 新しいことはできない。
関西の皆さんからエレルギーが溢れている秘密が分かった気がします!孫さん自身が気をつけていることはありますか?

やっぱり努力し続けることかな。自分はそんな能力が高いわけじゃないから、皆の知恵と力を借りないと成果を出せない。最終的な意思決定をすることが多いポジションだからこそ、とにかく人の意見を聞くようにしてる。世の中には色んな考え方の人がいるから、先入観を持たずに人や本に触れてるよ。理想は、水のようにしなやかに形を変えながら流れ続ける存在になること。人に偉そうなことを言う前に、まずは自分がかっこいい背中をメンバーや子供たちに見せないとね!

最後に、これから入ってくる仲間にメッセージをお願い致します!

質の良い出会いを求めるなら、質の良いコミュニティに属した方がいいし、質の良い情報に触れたいなら、質の良い人と会った方がいいと思う。質の定義は人それぞれだと思うけど、リプライスには向上心があって、現状を自分で打開できる人が集まってる。そうした人達と仲間になることで、自分もそういう人になれる。それをチーム単位でもできるようになるから、大きなこともできる。大いに自分の力を試せる場としてリプライスはもってこいだね。そして、君がどんな意見を持っていて、どうしたいのか是非教えてほしいな。

TOP